「支援が必要なお子さんのお仕事体験」のご紹介<デイサービス編>

支援の必要な子どもたちの就労体験で、心が通う支え合いの地域の輪!「ぞーな・で・ろーた~地域の輪~」について、実際の活動の様子をご紹介します。 

 サークルのご案内はこちら→

この活動は、地域に住む障害を持つ子ども達が、地域のお店・企業等で週1回程度・1時間の仕事を半年間続けることで、地域住民・企業・学校等が出会い、地域を育てていくというプロジェクトです。

今回は高齢者の通うデイサービスでのお仕事を紹介します

●木曽川町にあるデイサービス「アクティブいつき里小牧」のご協力を得て、平成29年7月から12月までの半年間週1回1時間程度の体験をします。

●体験者はCさん

●初日はデイサービスに通所されている皆さんにごあいさつしました

マイクを持って自己紹介。ちょっと緊張するね!サポーターさんが隣にいてくれるから心強いです。

●1日のお仕事の内容がホワイトボードに書かれています

●初めてのお仕事は静養室のお掃除です

 

静養室のベッドを雑巾で拭きとります。

サポーターさんに見守られながら、柵も外して丁寧に雑巾で拭きます。

●お仕事に慣れてきたら、利用者さんが活動している部屋のお掃除もします

 

シルバーカーや車いすを丁寧に拭きあげます。

最近は利用者さんに「ありがとう!」と声を掛けられることも増えてきました。

半年の活動の中で利用者さんとのコミュニケーションにも慣れてきたら、掃除だけでなく利用者さんとの活動も出来るかもしれません。

半年の間に、出来ることがどんなふうに増えていくのか楽しみです。

●Cさんの感想

サポーターさんが一緒に教えてくれるから、だんだんお仕事ができるようになったよ!

「ありがとう」って、言われるとうれしいです。お仕事頑張ります!

 

Cさん、半年間頑張ってくださいね!!