児童発達支援の体制整備について

 発達支援部会では一宮市の発達支援の構築を目指し、NPO法人 愛知県相談支援専門員協会 理事 熊谷豊氏にお越しいただき、『地域で支える早期支援の仕組み作り~児童発達支援センターの機能と役割を中心に~』というテーマでお話をいただきました。熊谷氏は児童発達支援センター長としてご活躍されております。

 前半は実践を中心に、後半は早期支援の仕組み作りと児童発達支援センターの役割ということでお話をいただきました。

 今回の学習会に参加した皆さんはそれぞれに立場や役割が違いますが、熊谷さんのお話を聞くことで近い将来の自分の働き方のイメージが、強く持てたことだと感じています。

 児童発達支援センターは一宮市内に現在1ヶ所しかありません。障害福祉計画で複数化を検討されていますが、なかなか具体的に進んでいない現状があります。熊谷さんのお話の中で一宮市の規模では3~4か所必要ではないかと示されておりました。

 今後は今回のお話を元に、一宮市の実態に合った発達支援体制を構築していけるように、発達支援部会が活発な議論を交わす場所であり、形あるものを作り上げていける会になることを目指していきたいと思いました。