令和3年度 第2回放課後等デイサービス事業所連絡会を開催しました。

10月15日(金)今年度2回目となる放課後等デイサービス事業所連絡会を開催しました。

昨年度の連絡会を通して、お子さんの性について学ぶ機会や一緒に考える機会が必要ではないかという声から、今年度の連絡会の活動内容を検討してきました。

今回は、Zoomを利用したオンライン形式で 25事業所、約65名の方に出席していただき「障害のある児の性教育について」と題して 川上ちひろ先生にご講演いただきました。

 

川上先生は岐阜大学医学部 医学教育開発研究センターに勤務。発達障害児への性教育や医療教育を専門にされています。また、アスペエルデの会では発達障害のある当事者や家族などの支援でも活躍されています。

講演後の皆さんからは、「性教育というと体の変化、二次性徴に目が行きがちでしたが幼児期の習慣や人間関係の構築の大切さがわかりました」といった感想もいただきました。

今回の研修での学びを、子どもたちのために生かせるように講演内容を踏まえて事例シートを作成し、次回の連絡会で振り返りを行います。次回2月の連絡会も先生にご協力いただき講演会を行う予定にしています。

皆様のご協力で講演会を開催することができました。ありがとうございました。

多大なご協力をいただきました川上ちひろ先生に心より感謝申し上げます。引き続きよろしくお願いします。