市民活動支援センターで職場体験実習をしてきました!

就労支援部会で体験実習先開拓!

就労支援事業所では障害のある方が就職するためのサポートをしています。
「自分らしく働く」をみつけるために大切なのは、自分にあった就職をすることです。

では自分にあった就職先とはどのように見つければよいのでしょうか。
各就労支援事業所では就職に向けて必要となる様々なプログラムを提供しています。その中の一つが「職場体験実習」です。

「職場体験実習」の目的、それは気づきを得る機会です。
様々な企業様にて仕事の経験をさせて頂くことによって自分の得意不得意を見つけたり、自信を得ることができます。
採用・雇用を前提としたマッチングを目的とした実習とは異なるため、まだ自分にあった働き方を見つけられていない方や自信のない方にとっては大変貴重な機会となります。
就労支援部会では、職場体験実習ができる場を開拓し就労移行を利用している利用者様へ提供しています。

就労支援部会はこちら

一宮市市民活動支援センターで職場体験実習をしてきました!

市民活動支援センターさんでは3ケ月に1度、情報誌を発行されています。
実習ではその発送準備を体験させていただきました。


作業自体はとてもシンプルで時間も半日と、とても参加しやすい実習となっております。

しかし、いつもと違う場所・人・雰囲気の中で行う体験実習は、緊張感を持ちつつ周りとの協同や報告・相談・連絡など様々なビジネススキルを必要とするので大変貴重な気づきの機会となります。

今回ご参加いただいたみなさんも、無事やり遂げたことへの安心感と達成感を感じ「自信に繋がった」と振り返りされていました。

次回は6月に実習を予定しています。

 一宮市内の就労移行支援事業所をご利用の方であれば参加出来ます。枠がありますので、ご希望の方はご利用の就労支援事業所にお早めにお尋ねください。